FC2ブログ

第64回人吉花火大会 今年のポスターも夏目友人帳(=^ェ^=)

猛暑が続いてますね(^o^;)
人吉・球磨も毎日35度超えです。
それでも朝は涼しい風が吹いてます。
熱帯夜でないことだけでも感謝しなくては!

今年も人吉花火大会の季節がやって来ます!!(^○^)
もちろんポスターは夏目友人帳


くま川下り発船場から夏目と妖したちが花火を楽しんでいます。

舟遊びしながら花火見るなんて、粋な妖怪たちですね(^○^)

当日夏目友人帳」人吉花火大会グッズ販売がありますよ!!

日時:平成30年8月15日(水) 午後4時30分~

場所:人吉市 中川原公園(花火大会会場)

内容:人吉花火大会ポスター(500円・税込み)、うちわ(500円・税込み)、その他グッズ

先行販売の予定も分かりました。

夏目友人帳人吉花火大会ポスター、うちわは8月12日(日)より先行販売開始。

販売店などは人吉温泉観光協会をご覧ください

天気良いといいですね~風が吹いて涼しいことを祈ります。
スポンサーサイト
2018.08.08 21:02 | Comment(0) | Trackback(0) | 球磨・人吉の観光案内 | Edit

美味しい夏野菜いただきました(^○^)

新鮮無農薬の夏野菜!!
サウナでお友達になったおば様からいただきました~(^_^)v
シソをたっぷり下さるおば様もいて、シソジュースや柚子こしょう漬けにして、美味しく夏を乗りきってます(^。^)y-~
頂いた野菜で春雨サラダとポテトサラダ作りました!!
このキュウリのイボイボがすごい!!
IMG_20180629_172709.jpg

IMG_20180629_175557.jpg


2018.06.29 18:25 | Comment(0) | Trackback(0) | ホテルのご案内 食事 | Edit

TOKIOそれぞれ頑張ってますね!(=^ェ^=)!

TOKIO・・・色々大変でした(-""-;)
親子そろってファンなので、
25周年のライブ楽しみにしてましたけど(。>д<)

でもそれぞれ頑張ってくれてます!

5月16日に「家政婦のミタゾノ」主題歌で、島茂子のDVD発売♪♪
もちろん買いました(ノ´∀`*)

いやぁ~色っぽい!?(笑)
苦労がにじみ出てますね。でもいい歌ですよ!
カラオケ練習しよっと(笑)

金曜日はもちろん 松岡昌宏主演「家政婦のミタゾノ」毎週楽しみで見てます

ますます女装にみがきがかかってまいりました!
柱の陰から見守って欲しい!!

6月15日からは長瀬智也の「空飛ぶタイヤ」公開です!!
もちろん見に行きますとも(^○^)


秋のお楽しみは松岡昌宏 舞台「6週間のダンスレッスン

草笛光子さんとの二人芝居
絶対にチケット取りたい~
昨年は兵庫へ「ダニーと紺碧の海」見に行きましたが、今年は九州であるので楽しみ(^_^)v
2018.05.21 22:13 | Comment(0) | Trackback(0) | 若女将?のつぶやき | Edit

水上村市房ダムの桜

熊本県でも桜の名所! 水上村市房ダムの満開の桜です(^○^)



つり橋からは桜が見下ろせます!中々上からの桜って見られないので、

桜の新しい顔が見られますよ(^_^)v



しだれ桜の方がピンク色が濃いのですが、今年は早咲きだったからでしょうか、

いつもよりソメイヨシノもしだれ桜も、白っぽい気がしました。

でも、桜の滝のようです!!



このままずーと飾っておきたい美しさでした。



ダムの噴水は残念ながら取り損ねてしまいました・・・

上がるとこんな感じです!!(2014年撮影)

2018.03.27 18:24 | Comment(0) | Trackback(0) | 球磨・人吉の観光案内 | Edit

人吉・球磨が舞台に!佐伯康英氏 「空也十番勝負 青春篇」

時代小説と言ったら、佐伯康英さんですよね!NHKの時代劇でも「居眠り磐音 江戸双紙」
「吉原裏同心」と、いくつもドラマになってます。
「居眠り磐音」の息子 空也が主人公の「空也十番勝負」が昨年発刊されました。

声なき蝉
3_20180112200027d0f.jpg 4_20180112200029c0d.jpg

恨み残さじ
2_20180112200026aee.jpg

「日向、薩摩、肥後の国境を取材した。驚いた。亡父の故郷が峠の頂の向こう、数キロの所にあるではないか」
と、書いてありました。私が驚きました! お父様の故郷が球磨郡だと書いてあるではないですか!!
子供の頃一夏過ごしたと、いうことです。どこだろうと?色々聞いて回ると、
どうやら私の町「あさぎり町」のようです。ファンだっただけに嬉しくなりました(=^ェ^=)

物語を読むと良く分かるのが「肥後と薩摩はかようにも近く、かようにも遠い(ただ距離の問題ではない)のか」
という、作者の言葉です。
今年は大河ドラマも「西郷どん」ですので、江戸時代の薩摩がいかに日本の中の異国であったかが分かると思います。

「声なき蝉」「恨み残さじ」の舞台が、球磨郡岡原村(現あさぎり町岡原)、狗留孫(クルソン)峡
人吉のタイ捨流丸目道場、浄心寺(現湯前町浄泉寺)、五家荘、五木村 他にもたくさん出てきます。
DSC_1129.jpg

特に狗留孫(クルソン)峡のくだりはすごいです。
「オクルソン様」として精霊の住む土地、石卒塔婆と呼ばれる大岩の上での修行
P1010344.jpg

P1010358.jpg

狗留孫(クルソン)峡については、こちらに詳しく載せております 狗留孫(クルソン)峡

ぜひご一読くださいませ(^-^)v



2018.01.12 20:54 | Comment(0) | Trackback(0) | 球磨・人吉の観光案内 | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»